編集サヴマトンカラー
07« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»09
2017/08/15 [Tue] 00:46:20 » E d i t
お盆真っ盛りの12日、さいたまスーパーアリーナに行ってきました。はい、「THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS 5thLIVE TOUR Serendipity Parade!!!」のツアーファイナル初日です。

imascg5th1.jpg

思い返せば6月24日、僕の運命が変わりました。

5月以降、ツイッターのTLで見かける楽しそうなツイート。そう、このツアーに参加したプロデューサーさんたちのつぶやきでした。

「なんか楽しそうだな・・・。でも今からチケットとか無理だよなぁ~。お、ライブビューイングあるやん。次は静岡か。ポチったろ~」

まぁ最初はこんな感じのノリでした。

デレマスはアニメから入ったクチで、しかも1期しか見ていません。ソシャゲの方はデレステを初期からやっていましたが、機種変の引き継ぎに失敗してデータが飛んでからはモチベーションダウン。特別に推し(アイマス界隈では「担当」と言うんだそうで)と言えるキャラもおらず、アニメのときは多田りーなちゃんがちょっと好きって感じでした。一方、楽曲はかなり好みのものが多い印象でした。アニメ1期OPのStar!をはじめ、劇中のユニット曲もどれも好きでした。

とにかく、そんなクソぬるい感じで、しかも大して予習もしないままライブビューイングに参加したわけです。


なんだこれ(語彙力)


いやね、ステージにアイドルが実在してるのよ。みりあちゃんが、りーなちゃんが、みくちゃんが・・・。なんだこれ????幻覚か特殊効果か催眠術か????知ってる曲は4分の1も無く、声優さんとキャラクターの顔と名前が一致しているアイドルも片手で数えられるほど。でも、どんどん引き込まれていきました。周りのPを見ながらペンライトの色を変え、大してコールもできないままスクリーンに釘付けになって腕を振り続けました。終わりのMC、感極まって泣いているさっきまで名前も知らないアイドルの姿を見て、自分も泣いていました。謎の感動の正体がわからないまま、家に帰ると映画館で買ったライブパンフレットをひたすら読みました。余韻に浸りながら、一人のアイドルの姿が脳裏に焼き付いて離れないことに気が付きました。

それが、前川みくを演じる高森奈津美さんでした。

静岡で披露された「ニャンと☆スペクタクル」を歌う高森さんにすっかりやられてしまったのです。ああかわいい・・・。ああ
かわいい・・・。決して危ない人ではありません。ただ語彙力を失っただけの声豚です

翌日、また映画館に足を運んでいました。静岡公演2日目のLV当日券を買って。ああかわいい・・・。次の幕張は行けませんでしたが、福岡公演2日目のLVにも足を運びました。ああかわいい・・・。すいとーよ・・・。

そして8月12日。ツアーファイナルの地・SSAに降り立ちました。実は初めてLVを見に行く前、SSAの一般抽選にダメ元で応募しておいたところ、初日のみ当選していたのです!高森さんが出演する初日が!!!!!こんなことってあるのか!おお、神よ・・・ジーザス・・・!ついに生で!高森さんが!見られる!それだけで胸の高鳴りが抑えられませんでした。

開演5時間前に現地入り。すでに会場周辺は数多のPさんたちの熱気に包まれておりました。

imascg5th2.jpg

会場の展示物を見学すると、「ああいよいよなんだ・・・」と心拍数が急JOSHO。事前通販で購入したツアーTシャツに着替え、1時間の余裕を持っていざ入場。すでにアリーナとスタンドを埋め尽くすPさんたち。と、なんかここでちょっと怖気づいてしまう新米Pな私がおりましてー。

アレ、俺みたいなやつがホントにこんなところ来てよかったのか・・・?

アイマスの歴史の深さは少しは理解しているつもりでした。だからこのツアーの、しかもLV見てハマってしまった程度の自分が参加してしまうことに一抹の不安と後ろめたさも感じていたのです

そんな感じでキョドってると、お隣に座ったPさんが優しく話しかけてくださいました。「よろしくお願いしますー」「こちらこそー」みたいな感じで。

お隣Pさん「誰担当なんですか?」

僕「担当・・・と言えるような感じではないですが・・・みくちゃんが好きなんです・・・」

恐る恐るそう答えると、

お隣Pさん「みくちゃんですか!かわいいですよねー!」

なんか僕の思い過ごしでした。みんなそれぞれ大好きなアイドルを見たい、応援したいという思いは同じ。こんな何気ないやりとりで、やっとこの会場の一員になれた気がしました。ありがとう、隣のゆかりちゃん担当Pさん・・・。

さて、ライブは「Yes! Party Time!!」で幕開け。今回はそれなりに予習もしてきましたので、コールも結構できました。

ん?

んんんん???



たーーーーーのしーーーーーーーーっ!!!!

原田さん演じるとときんの「アップルパイ・プリンセス」(なんとツアー初参加&初披露という!!!)にいきなり感極まり、大好きな曲の一つ「Flip Flop」で最初の死。馬車に乗る高森さんを必死に探して手を振り、小梅ちゃんと完全一致の超絶かわいい桜咲さんの「Bloody Festa」で全身の血を抜かれ、奈緒が乗り移った松井さんのさいっこうにCOOOOOOOLな「Neo Beautiful Pain」で全身に鳥肌ランニング。DJぴにゃのSerendipity Medleyでは、高森さんの今公演初めての「ニャンッ」が飛び出し、はい死亡ーーーー!!!メドレー明けの「Take me Take you」で泣き、ウサミンの絶対時間(エンペラータイム)「メルヘン∞メタモルフォーゼ」でムーンウェーブ直撃死のち感涙。生で見る(聞く)あんきらが尊すぎて昇天し、ヴァルキュリア洲崎さんがかっこよすぎてびしょ濡れ。ハイファイ☆デイズでスーパーみりあタイム+前川みく(高森奈津美さん)10さいのコンボでハイファアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアイ!!!!☆彡

まぁこんな感じでゴイスーでした。

ゴイスー・・・(語彙力カタストロフィ)

SSA2日目は四日市の映画館で見るため、大移動。SSAでやるのにSSAを離れるのは何とも歯がゆい気持ちでしたが、もう十分すぎるほどの贅沢を味わっているわけです、これ以上求めては罰が当たるというものです。

Shine!!でスタートした2日目は、熱血ボンバー赤崎さん、がおがお山本さんでパッションフルにPたちを捕食。「青空リレーション」の金子さんのステップすきぃ・・・。「エチュードは1曲だけ」で長島さんがセンターだあああああああああああ!!!(涙)ナチュラルボーンkawaiiこと竹達さんはもはや何をやってもかわいい!!!!松田さんの「PANDEMIC ALONE」で度肝を抜かれ、生Treasure☆で尊さについて考える。前日に引き続いてのSerendipity Medleyは、何と言っても長島さんの「おねだり Shall We~?」。高まりすぎて感謝のペンライト1万8000回転(?)。ぜひともぜひとも聞きたかった「ラブレター」に全自動号泣、津田さんの涙でダム決壊。輩全員集合の「純情Midnight伝説」で天上天下唯我独尊、サマカニ!!で空前絶後のイエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエイ!!!!!!!!!↑↑↑

LVでも最初から最後までゴイスー。ホントゴイスー・・・ゴイスー・・・


こんな感じで僕の「Serendipity Parade」は幕を閉じました。Serendipityというのは「素敵な偶然に出会ったり、予想外のものを発見すること」という意味の言葉らしいです。ツアーのテーマも、この言葉にちなんで「奇跡」でした。TLで楽しそうにライブについて語り合っているPさんたちがいなければ、僕は静岡公演のLVを見ていませんでした。静岡公演の舞台に高森さんが立っていなければ、もしかしたらSSAでこれほどの感動を味わうことができなかったかもしれません。まさに「奇跡」以外の何物でもありません。素晴らしい出会いをくれたすべてに、ありがとう。

imascg5th4.jpg

そして、これからもアイマスを応援していこうと思います。


photo by yunick'17

テーマ:LIVE、イベント - ジャンル:音楽

日記 *  TB: 0  *  CM: 0  * top △ 
コンフェデが熱い 
2017/06/21 [Wed] 00:51:07 » E d i t
W杯の前哨戦、コンフェデレーションズカップが開幕しました。

confede171.jpg

注目度は低めですが、各大陸の代表国が名を連ねるということで楽しい試合を期待したいところです。メディアは、脱税マンCR7の移籍の話題で持ち切りのようですが、んなこたぁどうでもいいわけですよ。

さて、個人的な注目は言うまでもなくチリドイツ

チリは南米予選では苦戦が続いていますが、コパアメリカ2連覇中。守護神ブラーボが怪我、エースのサンチェスも万全の状態では無いようですが、激しいプレスと運動量、畳み掛ける攻撃は健在です。チリの弱い所は層の薄さ。初戦のカメルーン戦では、4-3-3の最前線にフエンサリダ、バルガス、プッチが並び、序盤こそ良い攻撃の形を見せましたが、サンチェス不在時の穴の大きさを改めて感じることに・・・。結局、先制点はサンチェスが出場した直後、彼の右足クロスからビダルが頭で合わせて生まれました。彼に続くニュースターの発見、若手の台頭に期待したいです。

一方、若手主体で臨むドイツは世代交代が進みつつあります。代表を引退したクローゼ、ラーム、ポドルスキ、シュヴァインシュタイガー、メルテザッカーに加え、今回はエジル、クロース、フンメルス、ボアテング、ノイアー、ミュラー、ゲッツェも召集外。それでも中盤はドラクスラーを筆頭に、ブラント、キミッヒ(SB起用になりそうだが)、チャン、ゴレツカとタレントは豊富です。もちろん、個人的にはボルシアMGの主将シュティンドルの活躍にも期待です!(初戦で代表初ゴール、おめでとう!)彼らが1年後に向け、チームにどのようなプラスアルファをもたらすのか。連覇の鍵は、このコンフェデ出場選手の中に隠れているかもしれません。

自分がサッカーにハマるきっかけとなったのは、2014年ブラジルW杯前のフレンドリーマッチ「チリドイツ」をたまたまテレビで見たことでした。「お、ドイツの試合じゃん」と何気なくドイツ目線で見ていましたが、試合を見ているうちになぜかどんどんチリの選手たちに目が向いてしまいました。試合は1-0でドイツが勝利。しかし、私が心奪われたのは、エネルギッシュかつ攻守にわたって統率のとれた戦いぶりを見せたチリの方でした。当時はサッカーのルールなんてろくに知らなかったのに、不思議なものです。

両者の戦いは早くも予選リーグで実現します。願わくば両チームとも予選リーグを突破し、決勝トーナメントでもう一度・・・!なーんて思ったりしてますがwとにかくテンションの高い好ゲームを期待したいです。

テーマ:コンフェデ杯 - ジャンル:スポーツ

ATTACK→DREAM 
2017/05/30 [Tue] 00:16:08 » E d i t
先週末はスポーツ漬けでテレビとパソコンに釘付けの2日間でした。

色々あったけど、やっぱりこれでしょう!

佐藤琢磨、インディ500優勝!!!

takumasatoindy500win1b.jpg

takumasatoindy500win2b.jpg

ラスト5周は自然とこみ上げてくるものがありました。寝ないで見てて本当に良かった!

素晴らしいレース、感動をありがとう!!!

takumasatoindy500win3b.jpg


photo by yunick'10,12

テーマ:F1グランプリ - ジャンル:スポーツ

買い物王は突然に 
2017/05/20 [Sat] 00:54:39 » E d i t
ご報告が遅れましたが、GW前に新兵器を導入しました。

ソニーRX10M3です。

というのも、最近サーキットに行くよりもスタジアムに足を運ぶことが増えまして。これまではレース撮影と同じ機材(D4s+70-200mm+テレコン)を使っていましたが、スタジアムによってはこの装備が他の観戦者の邪魔になる場合があります。そこでコンパクトなカメラで代替が利かないかと悩んだ末、上記の選択となりました。

決め手となったのは

1.24-600mmの広範囲をカバーする焦点距離。しかもF2.8-F4と明るいレンズ。
2.連射、AFスピード
3.防塵、防滴仕様のボディ
4.レンズ交換不要
5.コンパクトデジカメとしてはデカイものの、中級以上のデジ一と比べれば小さい

高級ミラーレスと最後まで悩みましたが、結局望遠レンズが出っ張る&値段が張るということで、こちらをチョイス。現物を全く見ることなく、ネットの評判だけでポチりました。自分でも思い切ったなぁとw

んで、早速豊田スタジアムで行われた「名古屋グランパス対京都サンガFC」でシェイクダウン!

結論から言うと、「サッカーでの実用は難しい」です。マイッタネ・・・

nagoya_tamada1b.jpg

やはり使ってみないと素性は分からないわけで。

まずはズーム操作が言うほどスムーズではなく、ズーム中はAFが作動しないということ。これは流動的にボールと選手が動くサッカーにおいては致命的で、この1点だけで撮影が相当窮屈に感じました。序盤はAF-Cで撮っていましたが、一度ピントを外すと再び合わせるのに時間がかかるため、歩留まりが悪すぎる!途中からAF-Sに切り替え、細かくシャッターボタンを半押ししながら撮ってました。それでもジャスピンで捉えた写真は相当少なかったですが・・・。これではいくら連射速度が速くても、クソ写真を量産するだけ。

kyotosanga_tourio2b.jpg

あとはやっぱり画質ですかね。もちろん、コンデジと比べれば良いと思いますよ。ただ、やっぱりデジ一にはかなわんなと。この辺りは、普段使っているメイン機が良ければ良いほどそう感じるはずです。「記録」目的ならオッケー、「作品」を撮りたいならアウトでしょうな。

fcgifu17_tanakapauro1b.jpg

fcgifu_sisino5b.jpg

こちらの2枚はレース仕様の機材で撮影したもの。撮影環境も違うし画像サイズも小さいので比較は難しいと思いますが、やっぱり違うと思いません?


まぁこんな感じで酷評してきましたが、はっきり言ってサッカーやラグビーなど動きが流動的なスポーツ、撮影環境が厳しいバスケなどの室内スポーツ撮影は厳しいと思います。「撮れなくはない」レベルですので、どうしても写真が撮りたいけど環境的に大きな機材は使えないという状況では持ち出す価値はあるでしょう。ただ、野球や陸上、レースなどあらかじめ動きが予測できるスポーツであれば、ある程度このカメラのポテンシャルを生かせるような気がします。

rakuten17_mima1b.jpg

rakuten17_mogi1b.jpg

こちらは西武ドームの一塁側内野席から撮影した西武×楽天の試合です。投手、打者はほぼ動かないのでAFが外れることはなし。守備とクロスプレーがちょっと難しいけど、これだけ撮れれば十分でしょう。ドームやナイターでは、ISOを上げないといけないのがつらいですけどね。

もちろん、スポーツ以外にもユーティリティーに使えると思います。レンズ交換不要でこれだけの焦点距離をある程度の画質でカバーできるカメラは、現状この機種だけでしょう。検討されていらっしゃる方に少しでも参考になればと思います。

rakuten171b.jpg


photo by yunick'17

テーマ:★カメラ&レンズ・機材 - ジャンル:写真

2017/04/26 [Wed] 00:31:32 » E d i t
久しぶりにサンニッパが出動したよ!

SF17kamui1b.jpg

というわけで、先週の鈴鹿2&4レースに行ってきました。土曜日だけね。

レース観戦は昨年8月のスーパーGT@富士以来らしい。鈴鹿とすっぽんは2年ぶり。そんなに行ってなかったかー。

今季の注目はやっぱりスピード、実績ともに申し分ないルーキー二人、GP2王者ピエール・ガスリーとF3マカオGP2連覇のフェリックス・ローゼンクヴィストでしょう。

SF17gasly1b.jpg

SF17felix1b.jpg

ガスリーが乗るチーム無限の16号車はレッドブルカラーということもあり、なんか新鮮。F1であんなに見慣れているのにね。ローゼンクヴィストはチームル・マンから参戦。どちらも勝てるチームだけに、チャンピオン争いしてほしいねぇ。そしてバンドーンに続いて、日本からF1にステップアップしてもらいたいものです。

特にローゼンクヴィストは、DTMやFEにも参戦していてすでにレース経験は十二分。個人的には何に乗っても速いイメージで、「なんでこんなところでくすぶってるの?」っていう感じ。お金なのかなぁ・・・。

SF17kazuki1b.jpg

なおレースは一貴がポールトゥウィンの模様。すっぽんは予選が一番面白いと思う。

jsb17nakasuga1b.jpg

2輪も撮ったよ!


photo by yunick'17