編集サヴマトンカラー
07« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»09
2017/08/15 [Tue] 00:46:20 » E d i t
お盆真っ盛りの12日、さいたまスーパーアリーナに行ってきました。はい、「THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS 5thLIVE TOUR Serendipity Parade!!!」のツアーファイナル初日です。

imascg5th1.jpg

思い返せば6月24日、僕の運命が変わりました。

5月以降、ツイッターのTLで見かける楽しそうなツイート。そう、このツアーに参加したプロデューサーさんたちのつぶやきでした。

「なんか楽しそうだな・・・。でも今からチケットとか無理だよなぁ~。お、ライブビューイングあるやん。次は静岡か。ポチったろ~」

まぁ最初はこんな感じのノリでした。

デレマスはアニメから入ったクチで、しかも1期しか見ていません。ソシャゲの方はデレステを初期からやっていましたが、機種変の引き継ぎに失敗してデータが飛んでからはモチベーションダウン。特別に推し(アイマス界隈では「担当」と言うんだそうで)と言えるキャラもおらず、アニメのときは多田りーなちゃんがちょっと好きって感じでした。一方、楽曲はかなり好みのものが多い印象でした。アニメ1期OPのStar!をはじめ、劇中のユニット曲もどれも好きでした。

とにかく、そんなクソぬるい感じで、しかも大して予習もしないままライブビューイングに参加したわけです。


なんだこれ(語彙力)


いやね、ステージにアイドルが実在してるのよ。みりあちゃんが、りーなちゃんが、みくちゃんが・・・。なんだこれ????幻覚か特殊効果か催眠術か????知ってる曲は4分の1も無く、声優さんとキャラクターの顔と名前が一致しているアイドルも片手で数えられるほど。でも、どんどん引き込まれていきました。周りのPを見ながらペンライトの色を変え、大してコールもできないままスクリーンに釘付けになって腕を振り続けました。終わりのMC、感極まって泣いているさっきまで名前も知らないアイドルの姿を見て、自分も泣いていました。謎の感動の正体がわからないまま、家に帰ると映画館で買ったライブパンフレットをひたすら読みました。余韻に浸りながら、一人のアイドルの姿が脳裏に焼き付いて離れないことに気が付きました。

それが、前川みくを演じる高森奈津美さんでした。

静岡で披露された「ニャンと☆スペクタクル」を歌う高森さんにすっかりやられてしまったのです。ああかわいい・・・。ああ
かわいい・・・。決して危ない人ではありません。ただ語彙力を失っただけの声豚です

翌日、また映画館に足を運んでいました。静岡公演2日目のLV当日券を買って。ああかわいい・・・。次の幕張は行けませんでしたが、福岡公演2日目のLVにも足を運びました。ああかわいい・・・。すいとーよ・・・。

そして8月12日。ツアーファイナルの地・SSAに降り立ちました。実は初めてLVを見に行く前、SSAの一般抽選にダメ元で応募しておいたところ、初日のみ当選していたのです!高森さんが出演する初日が!!!!!こんなことってあるのか!おお、神よ・・・ジーザス・・・!ついに生で!高森さんが!見られる!それだけで胸の高鳴りが抑えられませんでした。

開演5時間前に現地入り。すでに会場周辺は数多のPさんたちの熱気に包まれておりました。

imascg5th2.jpg

会場の展示物を見学すると、「ああいよいよなんだ・・・」と心拍数が急JOSHO。事前通販で購入したツアーTシャツに着替え、1時間の余裕を持っていざ入場。すでにアリーナとスタンドを埋め尽くすPさんたち。と、なんかここでちょっと怖気づいてしまう新米Pな私がおりましてー。

アレ、俺みたいなやつがホントにこんなところ来てよかったのか・・・?

アイマスの歴史の深さは少しは理解しているつもりでした。だからこのツアーの、しかもLV見てハマってしまった程度の自分が参加してしまうことに一抹の不安と後ろめたさも感じていたのです

そんな感じでキョドってると、お隣に座ったPさんが優しく話しかけてくださいました。「よろしくお願いしますー」「こちらこそー」みたいな感じで。

お隣Pさん「誰担当なんですか?」

僕「担当・・・と言えるような感じではないですが・・・みくちゃんが好きなんです・・・」

恐る恐るそう答えると、

お隣Pさん「みくちゃんですか!かわいいですよねー!」

なんか僕の思い過ごしでした。みんなそれぞれ大好きなアイドルを見たい、応援したいという思いは同じ。こんな何気ないやりとりで、やっとこの会場の一員になれた気がしました。ありがとう、隣のゆかりちゃん担当Pさん・・・。

さて、ライブは「Yes! Party Time!!」で幕開け。今回はそれなりに予習もしてきましたので、コールも結構できました。

ん?

んんんん???



たーーーーーのしーーーーーーーーっ!!!!

原田さん演じるとときんの「アップルパイ・プリンセス」(なんとツアー初参加&初披露という!!!)にいきなり感極まり、大好きな曲の一つ「Flip Flop」で最初の死。馬車に乗る高森さんを必死に探して手を振り、小梅ちゃんと完全一致の超絶かわいい桜咲さんの「Bloody Festa」で全身の血を抜かれ、奈緒が乗り移った松井さんのさいっこうにCOOOOOOOLな「Neo Beautiful Pain」で全身に鳥肌ランニング。DJぴにゃのSerendipity Medleyでは、高森さんの今公演初めての「ニャンッ」が飛び出し、はい死亡ーーーー!!!メドレー明けの「Take me Take you」で泣き、ウサミンの絶対時間(エンペラータイム)「メルヘン∞メタモルフォーゼ」でムーンウェーブ直撃死のち感涙。生で見る(聞く)あんきらが尊すぎて昇天し、ヴァルキュリア洲崎さんがかっこよすぎてびしょ濡れ。ハイファイ☆デイズでスーパーみりあタイム+前川みく(高森奈津美さん)10さいのコンボでハイファアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアイ!!!!☆彡

まぁこんな感じでゴイスーでした。

ゴイスー・・・(語彙力カタストロフィ)

SSA2日目は四日市の映画館で見るため、大移動。SSAでやるのにSSAを離れるのは何とも歯がゆい気持ちでしたが、もう十分すぎるほどの贅沢を味わっているわけです、これ以上求めては罰が当たるというものです。

Shine!!でスタートした2日目は、熱血ボンバー赤崎さん、がおがお山本さんでパッションフルにPたちを捕食。「青空リレーション」の金子さんのステップすきぃ・・・。「エチュードは1曲だけ」で長島さんがセンターだあああああああああああ!!!(涙)ナチュラルボーンkawaiiこと竹達さんはもはや何をやってもかわいい!!!!松田さんの「PANDEMIC ALONE」で度肝を抜かれ、生Treasure☆で尊さについて考える。前日に引き続いてのSerendipity Medleyは、何と言っても長島さんの「おねだり Shall We~?」。高まりすぎて感謝のペンライト1万8000回転(?)。ぜひともぜひとも聞きたかった「ラブレター」に全自動号泣、津田さんの涙でダム決壊。輩全員集合の「純情Midnight伝説」で天上天下唯我独尊、サマカニ!!で空前絶後のイエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエイ!!!!!!!!!↑↑↑

LVでも最初から最後までゴイスー。ホントゴイスー・・・ゴイスー・・・


こんな感じで僕の「Serendipity Parade」は幕を閉じました。Serendipityというのは「素敵な偶然に出会ったり、予想外のものを発見すること」という意味の言葉らしいです。ツアーのテーマも、この言葉にちなんで「奇跡」でした。TLで楽しそうにライブについて語り合っているPさんたちがいなければ、僕は静岡公演のLVを見ていませんでした。静岡公演の舞台に高森さんが立っていなければ、もしかしたらSSAでこれほどの感動を味わうことができなかったかもしれません。まさに「奇跡」以外の何物でもありません。素晴らしい出会いをくれたすべてに、ありがとう。

imascg5th4.jpg

そして、これからもアイマスを応援していこうと思います。


photo by yunick'17

テーマ:LIVE、イベント - ジャンル:音楽

日記 *  TB: 0  *  CM: 0  * top △ 
2017/03/30 [Thu] 20:31:24 » E d i t
さて次は(3月)18日の話。

スフィアの5thアルバム「ISM」購入特典に当選し、戸松遥さんのサインお渡し会に参加してきました。

2010年3月の(ソロ名義の)1stアルバム「Rainbow Road」発売記念イベント「七色お楽しみ会」に参加して以来、戸松さんの元気で全力で明るいキャラクターと歌声にすっかり魅了されて推し続けている僕ですが、接近イベントは初めて。もう当選メールが来た日からドキドキです。

その日、午前中に入っていた仕事をササっと切り上げ、大阪へ。会場のあるなんばグランド花月の隣には、すでに行列が何重にも折り返してありました。ええ、別にお笑いを見に来ているわけではありませんよ僕たちは。

入場するとアンケート用紙を渡されます。色紙に書くための名前と書いてほしい絵(選択式)を聞くものでした。まぁここはオーソドックスに「サメ」でしょう。

さて戸松さんステージ登場。パッツンだった前髪もだいぶ伸びていましたが、それよりも後ろの髪がバッサリと!「ブログにアップしようと思ったけど、今日みんなに会えるから秘密にしてました☆」。ファン心をくすぐるサプライズハルカスギフト(?)におじさんトキメキキュンキュン丸(?)です。

そしてお渡し会スタート。特にトークや歌も無く、粛々と進行する模様。待たされている間、他の人と戸松さんとの会話が聞こえてきます。っていうか、ずっと戸松さんの生声と生表情が見られますなにこれ神イベじゃん

んで、いよいよ自分の番。アンケート用紙をスタッフに渡し、戸松さんが座る机の前に立ちます。

僕「こんにちわー」
戸松さん「こんにちわ~✨」
僕「えっと、Rainbow Roadのリリイベのときからファンです」
戸「わ~本当?ありがとう~✨」
僕「いつも元気をもらっています。こちらこそありがとうございます」
戸「うわぁ~うれしいなぁ~✨」
僕「それと…」
戸「?」
僕「僕もon眉派です!」
戸「( ゚∀゚)!!!その言葉だけで頑張れる!✨ありがとう~✨✨(ここでサインをもらう)」


以上、ノーカット版でお届けしました。

後段のon眉のくだりは、わりとガチです。っていうか、パッツンハルカス大好きなんですけど。あと、( ゚∀゚)!!!←この表情ホントにかわいかったなぁ~はぁ~かわいい・・・(語彙力)。

さてさて、サインを直接本人からいただけたことはもちろんうれしかったのですが、個人的には直接「ありがとう」を言えたことが本当に良かったなと思います。すげー緊張してたと思いますがw

戸松さんは以前、参加したライブで「私を好きになってくれてありがとう!」とおっしゃってくれました。彼女らしいストレートな感謝の言葉に、すごく感動したのを覚えていますが、むしろお礼を言いたいのはこちらの方だと。僕自身、ここまで一人のアーティストをずっと応援し続けてきたことはありませんでしたが、ライブに参加する楽しさを教えてくれたのは戸松さんでした。いやそれ以外にも、今もたくさんのエネルギーを歌や作品を通してもらっています。

あらためて言わせていただきます

こちらこそ「本当にありがとう!」

tomatsusandaisuki1.jpg

これからもずっと応援していきますよ!!!

テーマ:声優 - ジャンル:アニメ・コミック

日記 *  TB: 0  *  CM: 0  * top △ 
2016年大反省会 
2017/01/16 [Mon] 21:13:03 » E d i t
あけましておめでとうございます。

どの面下げて新年のあいさつを申し上げているのかと言われれば返す言葉もございません。ずいぶん長い間ブログを放置しておりました。もうこのままトンズラ決め込もうかとも思いましたが、学生時代から10年以上にわたって続けているものですから思い入れもあったので何とか続けようと再び筆を取ったわけでございます。

さて、まずは昨年の反省なのですが、まず反省しなければいけないのはこのブログをサボっていたことでしょうか。というよりも、2016年はいろいろと私生活の過ごし方がかなり堕落していたような気がします。

ポイントポイントではアクティブだったようにも思えます。戸松遥さんのライブツアーをほぼ全通したり、大洗に行ったり、久しぶりに野球見に行ったり・・・。でもね、振り返ればソシャゲばっかやっていたような。艦これにハマってたときはまだ良かったんです。グラブルやら花騎士やらFGOやらにはまってしまい、お給料が石とか石とか石とかに変わっていったんですね

katabamikaikab1.jpg

んで、なんとかせねばーと冬コミへのサークル参加を申し込んで当選したものの、何も出せずに辞退という体たらく。ようやく「マジでこのままだと駄目人間になる」と本気で気付いたのが昨年11月ごろでしょうか。この時期からおもむろに転職活動を始めたのです。

そもそも今の仕事に対する全くモチベーションが上がらない(ぶっちゃけゼロに近い)ことで、心のオンとオフのスイッチがぶっ壊れているような気がしたんですよね。これを書いている今もまさに新天地を探しているところなのですが、今年の目標はとりあえず「転職を成功させること」でしょうか。あと課金は控えめに・・・。

1日でも早くここで良い報告ができるように頑張ります!


※画像は花騎士のカタバミちゃん。かわいい!

テーマ:ダメ人間日記 - ジャンル:日記

日記 *  TB: 0  *  CM: 0  * top △ 
2016/05/30 [Mon] 00:00:24 » E d i t
はい、生存報告。GW以降休みがなく、あの連休が遠い昔のように感じられます。

さて、手元に待ちに待ったガルパン劇場版BDが届いたということで、GWの思い出を振り返ろうかと。ガルパンの聖地・大洗に2泊3日でがっつり行ってきました。

先人たちのアドバイスを受け、今回は車をチョイス。自宅からは仮眠と休憩込みで約7時間。ツインリンクもてぎに行ったとき以来の長旅でした。

oharai1.jpg

もうね、「大洗」という文字が書かれた看板を見かけただけでテンション上がりましたよ。実在したんだね!(失礼)

大洗マリンタワーが見えてくると、海はすぐそこ。初日は大洗を知り尽くすガルパンおじさん(年下)と合流し、一緒に大洗の町の中を散策しました。

oharai2.jpg

まずはアウトレットにある「ガルパンギャラリー」。ガルパングッズやキャスト、スタッフのサイン色紙やら原画やらが所狭しと並んでおりました。ここで早速お買い物w

oharai4.jpg

商店街にはいたるところにガルパンキャラクターの看板が。何だか自然な感じで置いてあるのがすごい。写真は、聖グロとの親善試合でマチルダが突っ込んで有名になった肴屋本店さん前。劇場版ではクラーラが突っ込んだ上にスピードオーバーのローズヒップのクルセイダーが玉突きを起こし、爆破炎上してましたね。

oharai5.jpg

アンチョビがいた山戸呉服店さん。お店の人がアンチョビのことを「うちの娘」と言っていたのが印象的でした。各校の校章をあしらったタオルなども取り扱ってます。

oharai3.jpg

大洗町役場前。ここは劇場版のエキシビジョンマッチで大洗・知波単連合が防衛線を敷いていたところ。そして、西隊長の「と・つ・げ・き」敢行地点。面目次第もございませんっ!

oharai6.jpg

自販機までガルパン仕様。「根性で(スイッチを)押せー!

oharai7.jpg

巨大な鳥居が目印の大洗磯前神社も劇場版で登場。あんこうチームとカチューシャ、ノンナがここの階段を戦車で下りました。正面には海を望むことができ、良い場所でした。境内には痛絵馬がいっぱいw

oharai8.jpg

まちを抜けて海岸へ。写真左の大洗シーサイドホテルは、KVタンの一撃がぶち込まれました。

oharai9.jpg

oharai10.jpg

ここからさらにぐるっと回って大洗駅。駅構内も停車中のバスもタクシーもガルパンだらけ!今度来たらボコタクシーに乗ってみたいぜ!

oharai12.jpg

こちらは初日完売で、2日目にリベンジで食べに行った大洗ホテルの戦車ケーキ。かわいいです。

oharai11.jpg

個人的にガルパンコラボ商品で1番おもしろいなーと思ったのがコレ!お茶の国井屋さんの「茶~ちる歩兵煎茶」。アッサムの看板設置店ということで、アッサムティーも。もちろん両方お買い上げw

oharai13.jpg

最終日に訪れたアクアワールド。閉館時間の間際だったのでゆっくり回れなかったのが残念・・・。

oharai14.jpg

本編でもみほたちが乗っていたフェリー「さんふらわあ」。普段海のないところで生活してるから、ずっと眺めていても飽きないねぇ・・・。

ほかにも色々回りましたが、とりまこんなところで。天候にも恵まれ、最高の聖地巡礼旅でした。たぶん絶対必ずまた行きます!


photo by yunick'16

テーマ:ガールズ&パンツァー - ジャンル:アニメ・コミック

日記 *  TB: 0  *  CM: 0  * top △ 
2015/12/30 [Wed] 22:37:42 » E d i t
約半年間にもわたって放置しててすみません・・・。気が付いたらすっかり年末ですね。

このブログが生きてることを証明するために久々の更新です。3日間、東京に遊びに行ってました。久々の連休です。

東京では友人に会ったり忘年会したりスフィアのライブに行ったり・・・。充実の年の瀬を過ごせました。

そうそう、久しぶりにコミケにも行ってきました。薄い本はほとんど買いませんでしたが、大好きな作品「ゆゆ式」の三上小又先生にご挨拶できたのが本当にうれしかった!直接「ありがとうございます」と「お体に気をつけてがんばってください」を言えました。

senseic89.jpg
※許可をいただき撮らせていただきました


三上先生の湯のみ欲しかったなー


photo by yunick'15

テーマ:日記 - ジャンル:日記

日記 *  TB: 0  *  CM: 0  * top △