編集サヴマトンカラー
06« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»08
2010/07/27 [Tue] 21:33:18 » E d i t
めんそれーたむ!じゃなくてめんそーれ!

結構ご無沙汰しております。いえ、仕事がハンパなく忙しくてね。やってらんねーよ、マヂで。

というわけで、現在もワタクシ仕事でオキナワに来ております。初めてですよ、オキナワ。これからしばらくこちらに滞在しながらひとりぼっちの夜を過ごすことになります。まぁ、地元でもひとりぼっちなワケデスガ。

仕事でのオキナワということで、あまりオキナワらしさを感じることもなくはや二日が経ってしまいました。いえ、できるだけ仕事の合間をぬって遊びたいんですけどね。なかなかそうはいかないようで・・・。どちらかというと、今のところはオキナワのマイナス部分ばかりが目に付いて、早くもホームシックになりそうな状態です。

一番怖いのは車の運転。オキナワ住民の運転ハンパない。超アグレッシブ。ヤクルトレディーとか、超コンペティティブ。レンタカーによる移動が多そうなので、事故が不安で不安で外出を控えそうなぐらい。まさかのホテルで引きこもりとかwさすがのオレも萎えるわ。いや、でもこわいんですよ。

そのことを昨日久々に再開した友人と晩飯食べながら話していたら、店の目の前で事故発生するし。こえーよ、マジこえーよ!事故もこえーけど、友人のシックスセンスがこえーよ。ドキドキしちゃって野菜チャンプルーがのどを通らなかったもん。

つーわけで今日は一回も車に乗らなかったよ、ベイベー。国際通りをぶらついたけど、あんましゆっくり見れず。暇を見つけてまたこよう。

okinawa1.jpg

そんなわけで、しばらくは南の島から更新する予定でーす。


photo by yunick'10

テーマ:沖縄旅行 - ジャンル:旅行

日記 *  TB: 0  *  CM: 0  * top △ 
2010/07/14 [Wed] 23:44:16 » E d i t
TVで全く観戦していなかった先日のF1イギリスGP。話題は、このレースを制したレッドブルのマーク・ウェバーとセバスチャン・ベッテルとの間に起きた新たな軋轢に集中しています。

コトの発端は、チームが土曜日の予選前にウェバーのマシンから新型のフロントウイングを取り上げ、クラッシュによって失ったベッテルに与えたことでした。その結果、ベッテルがPP、ウェバーは2番手となりました。ウェバーはフロントローになったことについて、「3位の方がマシだ。誰もが(レコードラインではない)2番グリッドがクソだってことは知ってるからね」と怒り心頭。レースでは、スタート直後の1コーナーでベッテルを競り負かして優勝し、チームの無線に対して「ナンバー2ドライバーにしては良い仕事をしただろ?」と皮肉って見せたのです。マシンから降りた彼の喜びようは尋常ではなく、ポディウムでは馬鹿でかい体で大ジャンプをかましてみせました!(写真)

mark_s1.jpg
(C)Motorsport.com

元々”ビッグマウス”の気があるウェバーは、レース後にさらに畳み掛けます。「このような扱いを受けると分かっていたら、チームと契約更新などしなかった」。レッドブルはとんでもない男を敵に回してしまったようです。

ベッテルは元々、レッドブルの支援を受けた子飼いのドライバー。年齢的にも若くスター性があり、昨年はチャンピオンシップ争いをして見せました。そんな彼をチームが優先しないわけがありません。口ではジョイントナンバー1と言っておきながら、限られたリソースを2人のドライバーに平等に与えることはチームにとって非効率なのです。それは、レッドブルに限った話ではありません。おそらくレッドブルは、ウェバーを甘く見ていたのでしょう。今シーズン、まさかここまでベッテルに肉薄するとは・・・と。

メディアも2人のライバル関係を煽り始めました。「いいぞ、もっとやれ!」と言わんばかりです。これを不愉快と思う人がいるかもしれませんが、僕はむしろ、今のF1には必要なエンターテイメント要素ではないかと思っています。近年は優等生が多い近年のF1界ですが、こういった一触即発のライバル関係が名バトルを生み、名ドラマを生み出してきたことは歴史が証明しています。個人的にも「いいぞ、もっとやれ!」ですよ。

僕は2人ともそれほどファンではないですが、個人的にはウェバーを応援したいです。彼の歯に衣着せぬ物言いは、好みではありませんが嫌いではないですし、きっと多くの人がベッテルを応援しているでしょうから・・・。

頼むからすぐにチームやベッテルと和解するなんてことはしないでね。マーク、君は今シーズンのレースを盛り上げる主役になれるかもしれないのだから!

テーマ:2010F1GP - ジャンル:車・バイク

2010/07/12 [Mon] 23:19:38 » E d i t
ニックがついにメルセデスGPのマシンをドライブしました!

nick_goodwood101.jpg
(C)Motorsport.com

-- 続きを読む --

テーマ:F1全般 - ジャンル:車・バイク

2010/07/07 [Wed] 22:11:23 » E d i t
春から始まった「けいおん!!」もいよいよ折り返し。2クールはちょっと長いかなーとか思ってたけど、ぜんぜんそんなことなかったとです。

そして14話からOPとEDが変わりました!!





もう最高です!!っていうか、何の前触れもなく変わってフツーにびっくりしました。もうすぐOPとEDが変わるよーという噂は色々なところで目にしたり耳にしてたりはしてたんですけど、前の曲気に入ってたしなぜか信用してませんでしたwだから聴き慣れないOPが始まったときはイスが「ガタタッ」ってなりましたよ、マジで。

まずはOPですが、相変わらず聞き取りにくい歌詞ですが、曲調はゴーマニのブリティッシュロックからディスコ調になった印象。いわゆる「踊れるロック」ってやつですね。実際、唯もギー太も持たずに踊ってますし(モブキャラたちも!)。思わずステップを踏みたくなるような弾むビートってのは、心が明るくなりますよねぇ・・・。大好きです。

そしてED。こちらはロックど真ん中一直線な感じ。軽快なスカのリズムが印象的だったListen!!とはまた印象が違い、音に重厚感を感じさせます。印象としてはアメリカンパンクですね。映像もクールさが増して曲にマッチしています。

ところで・・・・。

今回のOP、軽音部の5人が自分たちで撮影しましたっていうコンセプトですよね?なんか、自作の卒業記念ビデオみたいに思えてきて、リピートしてるうちに泣きそうになったんですけど。EDはEDで、一層大人っぽくなった5人の姿を見て、「あー・・・この子たちも卒業して大人になっちゃうんだね・・・」ってしみじみ思えてきて泣きそうになったんですけど。

最近、想像力豊かな自分がちょっぴりこわいです。

テーマ:けいおん! - ジャンル:アニメ・コミック