編集サヴマトンカラー
09« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»11
スポンサーサイト 
--/--/-- [--] --:--:-- » E d i t
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 *  TB: --  *  CM: --  * top △ 
2010/10/29 [Fri] 22:59:57 » E d i t
どもー。10月ももう終わりっすね。つか、急に寒くなりましたね。この寒さで台風とかもうありえない。かんべんして。

今月のこのブログ、中旬ぐらいにパタッと更新が止まってしまいましたが、その理由(言い訳)は自身初の同人誌制作に追われていたからです。いやぁ最後の辺は焦った。本業よりも焦った。ちょっとちびりそうでした。

その同人誌を明日(30日)、滋賀県の豊郷小学校で開催されるけいおん!同人誌オンリーイベント「桜高文化祭」で頒布します!詳細は、僕と友人とで運営している「ファニーズ情報局」を見てみてください。

今からすげーわくわくなんですが、なんせ初めての経験なんで内心ガクブルでもあったり。しかも、そんな馴れ初めの日に台風直撃とか・・・orz

かんべんしてー。
スポンサーサイト

テーマ:みんなに知ってもらいたい - ジャンル:日記

日記 *  TB: 0  *  CM: 0  * top △ 
2010/10/28 [Thu] 23:52:11 » E d i t
JTCC:2012年からの開催を正式発表

ここにきて新シリーズですか。閉塞した日本のモータースポーツ界を盛り立てたいという意気込みはすごくよく分かるし、モータースポーツファンとしてはWTCCの日本版ともいえるハコのガチンコレースはすごく興味深いです。

でも、ぶっちゃけ不安でしょうがないです。

まずは、エントラントが集まるのか?ということ。S2000規定を採用することによってコスト高騰を抑えるというのはいいんですが、果たしてそれだけでエントラントが集まるでしょうか?本日発売のAS誌のインタビューで、今回のJTCCプロジェクトに向けて設立されたコンコルド・マネージメント社の水野雅男氏は「BMWやセアトの参戦を見込んでいる」みたいなことを言ってましたが、「日本ツーリングカー選手権」を名乗るなら日本車の参戦がないと!それはそれは寒いレースになりますよ。ちなみに、WTCCには以前ホンダがアコードで参戦していましたが、現在は日本メーカーからは出走はありません。

wtcc09_jtcc1.jpg

さらに、国内最高峰の人気を誇るSUPER GTでさえ、参戦台数を徐々に減らしていいます。「出たい!けど出られない」。これが日本モータースポーツ界の現状です。

第二にテレビ放映はどうするのか?ということ。WTCCはテレビ放映権で成功しているカテゴリーです。なので、極端なことを言えばサーキットにお客さんがたくさん来ても来なくてもどっちでもいいんです。岡山で初めてWTCCが開催されたときには、サーキットに詰め掛けた多くの日本のレースファンに対し、主催者側が大変驚いたというエピソードもあるとかないとか。レース格式はWTCCをモデルにするのはいいですが、シリーズをどのように運営していくのかということが、現段階では全く見えてないのです。まぁ、今回の発表は単なる”打ち上げ花火”なんでしょうけどね。

gt09t_jtcc1.jpg

最後に、本当にこのJTCCが新しいレースファンを開拓できるのか?ということ。僕は、既存のレースファンの取り込みあるいは昔のレースファンだった人の回帰は望めたとしても、新規ファンの開拓はムリなんじゃないかなと思ってるんです。「子どもが楽しめるレースに」ってのは分かるんだけど、その子どもをサーキットに連れてくるのは大人ですよ?結局は、父親の興味を引けるかどうかにかかってくるわけですよ。でも、それってGTと客層かぶってますよね。むしろ、GTとJTCCとでパイの奪い合いにならなければいいけど・・・。

GTといえば、現在GTとDTMとの車両規則に関する合意が進んでいるってハナシがありますが、この話はJTCCにかなり影響を及ぼすんじゃないでしょうか。もし、両カテゴリーで共通車両が使えるようになれば、メーカーにとっては断然GTの方が魅力的でしょう。GT、DTMともにすでに人気は折り紙付き。おまけに、DTMには2012年からBMWが参戦するし、オペル復帰の噂もあります。GTに海外からのメーカーが参戦してくれば、これほどバリエーションに富んだツーリングカーレースはないですよ。もうね、JTCCの出る幕なし。どうか昔のJTCCファンの皆さん、どうか気を悪くしないでくださいね。

gt10t_jtcc2.jpg

最初にも書きましたが、新しい風を吹き込みたいという意欲には賛同したいし応援したい。でも、悲鳴を上げている既存カテゴリーもあるんですよ、国内には。フォーミュラニッポンやスーパー耐久シリーズ。まずはこちらをどうにかすべきでは?特に、フォーミュラニッポンは国内最高峰でありながら、その人気は末期的。僕は大好きなんですけど・・・。うーん、フォーミュラレースの楽しさってどうやって伝えればいいんだろう・・・?

*追記:
そういえば、スーパー耐久では来年からFIA GT3規格の「ST-X」クラスが新設され、こちらでも国際化の動きを見せてますね。でも、今回のJTCC立ち上げといい、なんかそれぞれがバラバラの動きをしているような気がしてならないんだよね・・・。日本のモータースポーツ界、足並みそろってますか?


photo by yunick'09,10

テーマ:モータースポーツ - ジャンル:車・バイク

2010/10/17 [Sun] 23:15:45 » E d i t
「おかえり!」・・・にはまだ早いような気がする、この人

ms_suzuka104.jpg

「いきなり勝つんじゃないか?」「いやいや、彼と言えども苦戦するだろうよ」

さまざまな議論が飛び交う中、復帰を果たした今シーズンのミハエルですが、結果はチームメイトのニコに予選・決勝ともに常に先行を許し、往年の走りはすっかり影を潜めてしまっているように見えます。中団グループに埋もれて走るミハエルの姿は、跳ね馬時代の”赤かりし頃”には想像しがたい光景です。

ms_suzuka105.jpg

しかし、鈴鹿の決勝はちょっと違った結果に。レースではニコに先行されながらもペースでは明らかにミハエルが上。背後にピタリとくっつき、何周にもわたってプレッシャーをかけ続けました。結局、ニコのリタイアによって久々にニコより前でフィニッシュ。決して目立つレースをしたわけではありませんでしたが、健在ぶりはアピールしたように思います。

ms_suzuka102.jpg

鈴鹿で一緒に観戦した友人は、大のミハエル&フェラーリファン。レース後、好結果にさぞや喜んでいるだろうとグランドスタンド付近で落ち合ってみると、意外とそうでもない様子。

「うれしいけど、勝ってこそミハエルだよ」

僕もファンじゃないけどその意見には同感。みんな彼がただ走ってるところが見たいんじゃないんだよ。もう一度、勝つ姿が見たいんだよ。復帰後初勝利のときには、改めてこのブログで書かせてもらいます。

Come Back!! Michael!!!・・・ってね。


photo by yunick'10

テーマ:2010F1GP - ジャンル:車・バイク

サコンの力 
2010/10/15 [Fri] 02:18:53 » E d i t
”もう一人の日本人ドライバー”山本左近が教えてくれる「F1で走ることのすごさ」。

sakon_suzuka102.jpg

左近さんとは不思議なご縁がありまして。僕は2004年からほぼ毎年F1を生観戦しているのですが、計7回の観戦で4回も左近さんが出場したレースを見ているのです。そのうち、06年ドイツGPと07年ハンガリーGPは、いずれも左近さんシーズン初出場のレース。途中出場、スポット参戦の多い左近さんをたった2回の海外観戦で見ているのです。まぁ、ここまで書いといて何ですが、大した縁じゃないですね・・・。

彼が、メーカーの後ろ盾もなく現在もF1の世界でとどまっていられるのは、持参金を持ち込むいわゆる「ペイドライバー」だから。今のF1は、実力があっても金が無ければノーセンキュー。レッドブルやマクラーレンなどの育成プログラムによるエスカレーター式でない限りは、現在トップチームで走っているドライバーのほとんどが、下位チームに持参金を持ち込んでデビューした人たちです。

sakon_hungary101.jpg

今回の日本GP、小林可夢偉の素晴らしいオーバーテイクで一躍パドックの話題をさらいました。彼は今、トップドライバーの一員になろうとしています。一時は、トヨタのリザーブドライバーで終わってしまうかと思われましたが、昨年のブラジル、アブダビで偶然得た出走のチャンスをものにして、今季の活躍につなげて見せました。すごく劇的ですよね!メディアも日本人ファンも、可夢偉にばかり目がいってしまうのもムリがないことかもしれません。

それに対し、左近は現代のF1事情を体現するかのようなドライバー人生を歩んでいます。F1デビューは、ジョーダンで走った金曜フリー走行。その後、スーパーアグリでレースデビューし、資金の尽きたレギュラードライバーに代わってスパイカーから途中参戦。今季も、最下位をひた走るHRTに1レースにつき50万ユーロを支払って出走しているそうです。うーん、すごい!

今シーズン、国内でレースをするという選択肢もあったかもしれません。しかし、彼は大金を積んででもF1の世界にとどまることを選びました。そうした左近のF1に対する固い決意と執念が、今回の母国GP出走に結びついたのです。非力なマシンで何周にもわたってロータスやヴァージンを抑える力強い走りに、可夢偉のオーバーテイクと同じぐらい心揺さぶられるものを感じたのですが、それは私だけでしょうか?

sakon_suzuka101.jpg


photo by yunick'07,'10

テーマ:2010F1GP - ジャンル:車・バイク

カムイ伝 
2010/10/11 [Mon] 18:25:52 » E d i t
可夢偉さんの7位入賞に沸いた鈴鹿・・・。

kamui_suzuka103.jpg

はい、改めて現地でF1日本GPを観戦した皆様、お疲れ様でした。テレビはまだ見てないですが、レースは可夢偉のオーバーテイクショーに沸きましたね。ワタシ、決勝は運良くその主戦場となったヘアピンで観戦しておりました。

kamui_suzuka101.jpg

このシーンは、アルグエルスアリをインからパスするところ。ブレーキング直前にインに寄せ、タイヤをロックさせながらノーズをねじ込む動きに思わず「うわーっ!」。予期せぬ動きにうまく写真が撮れませんでした(←言い訳)。だって、この写真見てくださいよ。可夢偉、このシーンでカウンター当ててるんですよ。リアを滑らせながらのギリギリ(当たってましたが)&アグレッシブなオーバーテイクに、観客席とピエールは大興奮!!ピエールが「この動き、カートか!?」とは、まさにその通りの動きでした。あっぱれ!


photo by yunick'10

テーマ:2010F1GP - ジャンル:車・バイク

綺羅星! 
2010/10/11 [Mon] 01:56:40 » E d i t
ベッテル鈴鹿2連勝!!

vettel_suzuka101.jpg

心配された天気は、朝から気持ちの良い青空が広がり、絶好のレース日和。路面も予選セッション開始前にはほぼドライの状態となりました。

sunday_suzuka101.jpg

予選で奮起したクビカは、スタートもうまく決めたものの、ホイールトラブルでSC先導中にまさかのタイヤ脱落・・・!序盤で一気にマシンが6台が姿を消すという波乱で開幕したレースでしたが、終わってみればベッテルがポールから危なげなくトップチェッカー!レッドブルがワンツーフィニッシュを決め、レッドブル=鈴鹿有利の下馬評通りの結果となりました。

kubica_suzuka101.jpg

このほか、ニックのこととか可夢偉のこととか色々書きたいことがありますが、今日のところはこの辺で・・・。

現地観戦組の皆様、改めてお疲れ様でした!!


photo by yunick'10

テーマ:2010F1GP - ジャンル:車・バイク

2010/10/09 [Sat] 21:49:04 » E d i t
04年みたいになってしもたYO!!

jaime_suzuka101.jpg

はい、というわけで今日は雨のため予選中止。午前中のフリー走行でもほとんどドライバーがアタックラップに入らず、雨に耐えしのぐだけの1時間にすっかり気分はダウナー。そんな中、アルグエルスアリだけが精力的に周回を重ねるクレイジーランを披露。最後は、トロロッソの2台がホームストレートをランデブー走行し、甲高いエキゾーストノートで観客を沸かせてくれました。これには思わずジーン。イタリアンチームならではの、粋な計らいでした。

予選は30分ずつのスタートディレイを繰り返した後、中止が決定。雨脚は弱まるどころか強くなる一方で、もうちょっと早く結論を出してほしかった。おかげで寒いのなんのって。まぁ、ビール飲んでちょっと暖まりましたが。

はっきり言って今回のコンディションでは中止するしか方法はなかったと言えます。まぁでも、ウェットコンディションでの予選も見たかった気もしますが。特にミハエルのアタックは見たかった!

ms_suzuka101.jpg

一方、この雨のディレイの中、F1ファンの方との貴重な交流の時間も持つことができたのは今日唯一の救い。ようやく名刺が火を噴きました。雨で濡れましたけどね。

明日は忙しい1日になりそう・・・。いいさ、思いっきり楽しんでやるさ!


photo by yunick'10

テーマ:2010F1GP - ジャンル:車・バイク

2010/10/08 [Fri] 23:56:57 » E d i t
F1日本GP開幕!!

virgin_suzuka101.jpg

webber_suzuka101.jpg

ピーカン照りとはいきませんでしたが、時折日差しが射す暑いぐらいのコンディション。土日の天気が心配される中、2回のフリー走行ではドライの走行を逃すまじと、とにかくシャッターを切りまくりました。もう、今日はF1マシンをローアングルから撮れただけでも満足・・・。まだ全ての写真を見たわけではありませんが、実りの多い1日だったと言えると思います。

明日も早いのでこの辺で・・・。大雨の予報だけど、04年みたいなことはないよね・・・?


photo by yunick'10
2010/10/07 [Thu] 23:52:57 » E d i t
いよいよ明日!F1日本GPが開幕します!!開幕時には誰が想像したことでしょう・・・。

今年もニックが鈴鹿で走ります!!

suzuka10_prpnick1.jpg

現在、出立の準備中・・・。なんか、レース前はいつもこんな感じでバタバタだな。今年も買い貯めているニックグッズの出番がやって来ました。さーて、何を着ていこうかなー。あ、ちなみに5日前からゲンを担いでヒゲも剃ってません。でもニックみたいな密度にならねーんですよ。うーん、我ながら似合わない・・・。

そしてそして。今年は昨年の反省も生かして、名刺もしっかりと準備しました!Twitterなどで交流のあるモータースポーツファンの方々とお会いできるのが、今から楽しみでなりません。

自分はD席のカメラマンシートでの観戦となりそうです。ただ、金曜日は一部を除き全席自由席となるみたいなので、明日は違う場所に出没するかも。いずれにしても、ニックグッズに身を固めたデカめのレンズ構えていたヤツがいたら、気軽に声かけてやってください。

あとは天気だけが心配ですが、07年の富士を経験した自分は怖いもんなしです、ハイ!


それでは皆さん、鈴鹿サーキットでお会いしましょう!!


photo by yunick'10

テーマ:2010F1GP - ジャンル:車・バイク

2010/10/02 [Sat] 23:21:12 » E d i t
コードマスターズのF1ゲーム「F1 2010」の完成披露発表会に行ってきました!

東京はギロッポンの「F1 PIT STOP CAFE」で開かれたこの発表会。六本木駅から道に迷うこと15分、集合時間よりも若干遅刻しながらも何とか到着しました。店内には、すでにゲームの巨大看板とメディア向けのイスがずらりと並び、なんだかモノモノシイ発表会の様相。会場脇には試遊台も並んでいました。

トークショーでは・・・

・右京さんが控え室でゲームに熱中しすぎて登場前から汗びっしょり。近くで購入した替えのTシャツで登場。
・右京さん一人プレーで瞬間湯沸かし器状態に。CPUのウェバー相手に「ダンカンバカヤロウ!」ならぬ「ウェバーこのヤロウ!」
・中嶋さんは終始独特のテンポでボケっぱなし。現役時代の記憶もなぜかあいまい。
・国光さんはどっしりと構え、ボソっと重みのある台詞を放つ。さすがの貫禄。
・ゲスト(我々)とのゲーム対決では、右京さんがガチセッティングで鈴鹿にカミカゼ光臨。しかし本人は「今はそよ風です」と会場を沸かせる。
・ご意見番の川井ちゃんも「本当にリアル。シミュレーター持ってないチームは韓国GPこれで練習するでしょ」と太鼓判。


とまぁこんな感じ。なんのこっちゃ。

で、肝心のゲームのインプレッションなんですが・・・


オレ、プレイしてないんだな、コレが。


発表会終了後、スタッフの人に尋ねてみたら「ダメ」って言われましたw ただ、右京さんと対決した人の話によれば、挙動はシミュレーター寄りで非常にリアル。縁石に乗ったときの衝撃やボトミング、グリップの抜け方なんかは見ていても感じられるぐらいでした。一方で、今回のようにアシストを付けていけば初心者でも運転できる仕様になっているとのこと。

また、プレイヤーが「1人のドライバーになりきる」という演出が徹底されていて、何気ないメニュー画面もモーターホームの中だったり、セッティング画面はメカニックが作業に追われるピットガレージ内だったり、細かいこだわりが実にニクい・・・。まさにドライバーの視点で、F1の世界の華やかさを体感できる作りになっていました。ああ・・・、早くやりたい・・・!


余談ですが、発表会後は参加者と広報担当の方と焼肉&F1トーク三昧。あ、ちなみにニックパッチは「難しい」とのことでした・・・orz「F1 2011」に期待・・・?


F1 2010 特典 「オリジナル マジックインキ グリーン」付きF1 2010 特典 「オリジナル マジックインキ グリーン」付き
(2010/10/07)
PlayStation 3

商品詳細を見る

テーマ:ゲーム - ジャンル:ゲーム

ゲーム *  TB: 0  *  CM: 0  * top △ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。