編集サヴマトンカラー
07« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»09
2011/08/28 [Sun] 23:17:49 » E d i t
昨日アップした記事に関して、Twitter上でいろいろな意見をいただきましたので、それらを紹介しながら僕なりの考えで答えさせていただきます。

まずは、熱狂的なニックファンの@m_i_o30さん

週刊ASに関して思うのは、GT、Fポン、F1、Indy以外の記事が少ないということです。WRCは専門誌が出ているので別として、DTMもたまに小特集が組まれるくらいで、あとは見開きでレポート&結果だけとか…。F1のことはF1速報にまかせて、他カテゴリをもっと!と思うわけです。F1誌は競合他社がいますが、DTMやNASCARなどを包括できるモタスポ誌って、現在は他にないと思うので。


現状では、残念ながらFポンやIndyの記事も少ないように思えます。F1については僕も同意見なのですが、総合誌をうたう以上、世界最高峰カテゴリーをおざなりにはできないという変なこだわりがあるのかな?と勝手に推測してみたり。でも、F1の記事が読みたくてAS買ってるやつはあんまりいないと思うんだけどなぁ・・・。

その他のさまざまなカテゴリーが誌面であまり取り上げられないのは、やはりカネの問題かと。レース雑誌の広告を見れば明らかですが、基本的には自動車産業を取り巻く企業からの広告がほとんどです。その多くが日本企業。そうしたスポンサーが深く関わっているカテゴリーを紹介しようってなると、やはりどうしても国内でも人気の高いSUPER GTに偏らざるを得ないんでしょうなぁ~。悪く言えば、「ファンの方じゃなくてスポンサーさんの方を向いて雑誌作ってる」とでもも言えてしまうのかな?売れる雑誌、スポンサー受けする雑誌・・・双方のバランスを取らなくちゃいけないというジレンマは分からなくはないんですけどね・・・。

as_toyota111.jpg

続いて、行きつけの歯医者が大のF1ファンという@airbwv1068さん

読んだよ、歯がゆさとかもったいないな、とか、憂える気持ちは伝わってきました。バブル期遺産あたりは、全く同感です。件の歯医者さんが入れてる雑誌もコレ。自分は普段F1雑誌しか買わないので歯医者さんで読んで、記事の詳しさに感動したのです。唯一のモタスポ総合誌なんだ。大事にしたいね。エールが届きますよう。


いわゆるレギュレーションや技術面での解説記事については、ネットが普及している今でも雑誌が強いと思っています。僕も、レースを見始めたころはとにかく雑誌を読み漁って知識を取り入れたもんです。オートスポーツ誌では、たしかにその辺の記事は充実していますよね。雑誌は、レースをより深く知るためには欠かせない情報源であることには違いありません。

最後は、芸術的な写真を撮影する@Aero_08vさん

読ませていただきました。ASの隔週化は言い方は悪いですがモタスポに見切りを付けた様な気がしてならないです・・。これからの日本のモタスポがどうなるのか不安です・・。


僕は、見切りを付けたわけではないと思いますよ。上にも書いたように、一定のファンにとって雑誌メディアは欠かせない存在です。彼らにとってのこれからの問題は「いかにして読者を増やすのか」ということ。それは同時に、メディア自身が積極的に新たなレースファンを開拓していかなければならないのだと私は考えます。

隔週とはなりますが、その分だけ骨太な記事に期待しましょう!

photo by yunick'11

テーマ:気になる本・雑誌 - ジャンル:本・雑誌

2011/08/27 [Sat] 23:55:21 » E d i t
今週号のオートスポーツ誌を立ち読みして知ったのですが、次号から週刊じゃなくなるみたいね。隔週だとか。これで日本国内で刊行されているレース雑誌から、週刊誌は消滅することになりますな。

オートスポーツ 2011年 9/1号 [雑誌]オートスポーツ 2011年 9/1号 [雑誌]
(2011/08/25)
不明

商品詳細を見る


出版不況に加え、原油高騰に伴う紙やインク代の高騰、そして自動車不況・・・。モータースポーツ業界紙は、この三重苦に苦しめられながらもしぶとくやっているように思えます。しかし、最近では「本当に大丈夫か?」と思わざるを得ないところも目に付くようになってきました。

骨太な特集がウリだった「レーシングオン」は月刊から隔月に、代わりに「レーシングオンアーカイブス」なる焼き増し本を発行。元々、本誌そのものが”懐古主義”の目立つ作風だったのに、ここに来て過去の本誌の特集を再掲して売り出し始めたときは、当時定期購読していた僕も「ついていけんわw」とさじを投げました。しかも単価たけーし。今ではよほど好みの特集でない限り購入していません。

そして今回のオートスポーツの隔週化。最近、なーんか過去のグループAやらJTCCやらをフィーチャーした記事が増えてレーシングオン化が進んでるなーとは思っていましたが。なんでも隔週号一発目には、付録としてJTCCの過去の映像を収録したDVDが付くとか。昔からのレースファンからしてみたらたまらないアイテムだろうし、そこそこ売れるんじゃないかな?

でもさ、メディアがこれでいいの?いつまでもバブル期の遺産で商売してていいの?誰よりもレースを見ている(だろう)人たちが、これからの日本のモータースポーツのことを語らなくてどうするの?あなたたちが新しいモータースポーツの魅力を発掘していかなくて、一体誰がしていくの?あなたたちの立場って、この業界でイニシアチブを発揮すべきところにいる人間なんじゃないの?

レースの歴史を振り返るのは悪いことじゃないし、僕も大好きですよ。でもさ、今のモータースポーツ誌が載せている”古き良き”的な記事からは、単なるレース好きのおじさんたちが「あのころは良かったよなー」という思いを押し付けがましく読ませているだけにしか感じないんだよね、僕は。

隔週化に伴って、刊行ペースに1週間のゆとりが生まれるようだから、これからに期待しておきます。

テーマ:気になる本・雑誌 - ジャンル:本・雑誌

僕には理解できないよ 
2011/08/18 [Thu] 00:53:58 » E d i t
前々からずっと疑問に思ってたこと。

フォーミュラニッポン富士に行ったときもそうだったんだけど・・・

fnippon_media20111.jpg

ドライバーを取り囲むこの人たちって一体なんなんですかねー?

いや、まぁ多少のTVカメラとかスチールとかは分かるんですよ?いくら露出が少なくてメディアにdisられているFポンとはいえ、一応結果やレースのハイライトを載せてくれる雑誌はあるし、有料チャンネルでFポン中継してますから。

でもさー、それにしても多すぎやしないですかね、無駄に。割かれているページ数、写真の枚数、記事のボリュームから考えると、こんなにたくさんのメディアがたかってるってちょっと僕の中で計算が合わないんですけど。だって、某誌の記事を書いているライターも掲載写真のカメラマンもお決まりの人たちばかりじゃない?

残りの人たちって何を取材してるんでしょう?誰かおせーて!


photo by yunick'11

テーマ:モータースポーツ - ジャンル:車・バイク