編集サヴマトンカラー
10« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30.»12
スポンサーサイト 
--/--/-- [--] --:--:-- » E d i t
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 *  TB: --  *  CM: --  * top △ 
2009/05/15 [Fri] 23:05:08 » E d i t
来季から導入が検討されている「予算制限レギュレーション」をめぐり、FIAとFOTA(チーム)との対立が深まっている。

予算制限レギュレーションとは、来季のチーム年間予算を上限4000万ポンド(約59億円)と定めるというもの。しかし、これに従うかどうかは「任意」という点がミソで、制限に従えば可変ウィングやレブリミッターのないエンジンの使用が許されるほか、テストや風洞実験も無制限という特典が付く。一方、守らないチームには全く逆の厳しい制約があるのだ。これを「F1の二層構造化」として、フェラーリやルノー、BMW、トヨタのメーカーチームなどが相次いで批判。チームはF1からの撤退声明を出すなど、FIAに敵対意識むき出し状態に。

lola_f1.jpg
(C)Crash.net

一方、このレギュレーションをチャンスとばかりに、プロドライブやローラ、iSport、ライトスピードなどが続々と新規参戦の意向を示しており、来季のスターティンググリッドの行方は全く予想できない展開となっている。

もし、このままこの予算制限レギュレーションが強行され、今の撤退&新規参戦の噂が本当だったらどうなるのだろう・・・?

・2010年チームラインナップ(仮)
マクラーレン
ウィリアムズ
ブラウン
フォースインディア
USF1
プロドライブ
ローラ
iSport
ライトスピード


なんじゃこりゃ?これが本当にF1かいな?個人的に新規参戦チームが現れてくれるのはうれしいんだけど、自動車メーカーのいないF1なんて今や考えられない。

ちなみに、現在の事態の収拾を図るためのFIA&FOTAの会合が15日(今日じゃん!)にロンドンで開かれる。果たしてこのドタバタの結末はいかに・・・?

テーマ:F1GP 2009 - ジャンル:車・バイク

コメント
この記事へのコメント
今までF1見ていて、今ほど将来への危機感を感じた事はないわけですがorz
バジェットキャップが否決なら新規参入も考え直すっていう所もあるようだし、
ものっそいモヤモヤ感がここしばらく抜けません。
何とか妥協案が見つかればいいんですけどね。
2009/05/19 Tue 20:11:54
URL | アンパン #NH75i4QA[ 編集 ]
同感です。ジョーダン、ミナルディが次々と撤退したときも同じような危機感を抱きました。

モナコで再び会合を開くみたいですが、「二層ルール」と「上限4000万ポンドという額」の2点について互いが妥協しない限り、何度議論を重ねても平行線をたどるような気がします。

ファンとしてはただ見守るしかないんでしょうね・・・。
2009/05/19 Tue 22:46:43
URL | yunick #-[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://submatoncolor.blog61.fc2.com/tb.php/213-db83914a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。