編集サヴマトンカラー
07« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»09
ぱよえ~ん 
2009/06/20 [Sat] 22:18:53 » E d i t
ついにF1が分裂!!FOTAが新シリーズ立ち上げの声明を発表した。

fota_independence1.jpg
(C)Crash.net

以下声明文:

「昨年9月のFOTA設立以来、チームは共に働き、FIAと商業権所有者に対し、このスポーツの発展、改善のため、働きかけてきた」
「前例のない世界的な金融低迷によって、F1のコミュニティーは大きな苦難に直面することになった。FOTAは、我々のスポーツの歴史の中でも最も大きなコスト削減対策を成し遂げた」
「特にマニュファクチャラーチームは、インディペンデントチームに対してサポートを提供してきた。インディペンデントチームの多くは、FOTAの取り組みがなければ現在このスポーツに参戦することはなかっただろう。FOTAのチームはさらに、持続可能な将来のモデルを持つ、自発的かつ大幅なコスト削減に合意した」
「こういった努力をしてきた全チームは、FIAと商業権所有者に対し、2012年末まで参戦する用意があると伝えた」
「FIAと商業権所有者は、FOTAを分裂させるために動いた」
「大多数のチームの意向は無視されている。さらに、2006年から長きにわたり、商業権所有者により何千万ドルもの金が差し引かれてきた。このことおよび妥協のない状況にもかかわらず、FOTAは心から歩み寄りを求めてきた」
「しかしながら、チームはこのスポーツの基本的な価値について妥協し続けることはできないことが明らかとなり、2010年世界選手権への元々の条件付きエントリーを変えることを拒否した」
「従って、チームにとって、参戦者およびパートナーの価値を反映する新たな選手権への準備を始める以外に他の方法はなくなった。このシリーズは、透明性のある統治とひとつのレギュレーションを持ち、さらなるエントラントを呼び込み、世界中の観客のために料金の低価格化を用意するなど、ファンの希望、パートナーおよび他の重要な利害関係者の要望に耳を傾けるものである」
「主だったドライバー、スター、ブランド、スポンサー、プロモーター、歴史的にモータースポーツの最高峰にかかわってきた企業はすべて、この新たなシリーズに登場することになるだろう」


一時は、FIAとFOTAが歩み寄りを見せるのではという報道がなされていたこともあり、この突然の声明には驚かされた。しかし、これは必然か・・・。この声明に対し、FIAはエントリーリストの発表を保留とし、FOTAに対して訴訟の開始を通告。

以下通告文:

「FIAの弁護士は、独立シリーズを立ち上げるとのFOTAの脅しについて検討を行った。FOTA全体、特にフェラーリの行動は、契約関係事項への故意的妨害、フェラーリの法的義務の直接的違反、競争法の重大な違反を含む、重大な法律違反にあたる。FIAは直ちに法的手続きを行う」
「2010年FIA F1世界選手権への準備は継続するが、最終的な2010年のエントリーリストの発行は、FIAがその法的権利を主張する間は保留する」


たぶんF1が始まって以来の最悪の状況なんだろうな、コレ。そんな問題とは裏腹に今年も着々とグランプリは進行中。今週末はイギリスGPだ。

チームは、ドライバーは、どんな気持ちで今年のレースを戦っているのだろう。せめて彼らがレースに100%集中できる環境を・・・。ファンとして、今はただそれを望むばかりだ。

テーマ:F1GP 2009 - ジャンル:車・バイク

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://submatoncolor.blog61.fc2.com/tb.php/227-647ac8d4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック