編集サヴマトンカラー
06« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»08
スポンサーサイト 
--/--/-- [--] --:--:-- » E d i t
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 *  TB: --  *  CM: --  * top △ 
飛行機雲と河川敷 
2009/10/11 [Sun] 23:44:07 » E d i t
レッドブル&トロ・ロッソのスタッフの皆様、連日連夜お疲れ様でした。

suzuka09_redbull1.jpg
「日本の物価の高さは覚悟していたけど、ずいぶん金がかかったよ」とは、トロ・ロッソのチーム代表フランツ・トスト。鈴鹿では、アルグエルスアリにブエミにブエミにアルグエルスアリに・・・。若い2人がそろってマシンを何度も木っ端微塵にし、何度もクレーンで吊り上げられました。ウェバーもやっちゃったっけ。

suzuka09_buemi1.jpg

とはいっても、この2人は鈴鹿で結構好きになったり。一緒に観戦した友人曰く、「ブエミだけラインが違った」。雨が降った金曜日から縁石を使って果敢に攻める走りは鈴鹿初挑戦とは思えないと、やや暴れすぎた感のあるブエミに賛辞を送っていました。

suzuka09_jaime1.jpg

また、アルグエルスアリは金曜のFP1こそ恐る恐る1コーナーに飛び込んでいたように見えたけど、すぐにぐんぐん突っ込んでいくようになり、こちらも高い順応性を見せてくれました。予選では初のQ2進出。デグナーで攻めすぎたり130Rで珍しいクラッシュをしたり、まだまだ荒削りな印象だけど、このドライバーも2年目以降が楽しみだったりします。っていうか、鈴鹿で何回「アルグエルスアリ」って言っただろう。友人は結局最後までうまく言えませんでしたがw。

suzuka09_vettel1.jpg

一方、レッドブル勢で唯一ノーミスで勝利をつかんだベッテル。鈴鹿では、速さだけでなく安定性も光りました。不安なルノーエンジンも今回は大丈夫。絶望的とも思えたチャンピオンシップ争いにも、逆転勝利の光が見えてきました。やはりこの男、特別なのか。


photo by yunick'09

テーマ:F1GP 2009 - ジャンル:車・バイク

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://submatoncolor.blog61.fc2.com/tb.php/279-b59c2e4e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。