編集サヴマトンカラー
08« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30.»10
極太チョリソー 
2010/04/26 [Mon] 21:30:32 » E d i t
今年もDTM(ドイツツーリングカー選手権)が開幕しましたね。今年はクルサード先生が参戦するし、最近はSUPER GTとのレギュレーション統一話なんかも話題になったりしてたりするので、日本でも少しは知名度が上がってきたのかな?

ちなみに開幕戦はメルセデスのパフェットが優勝したみたいですな。
dtm10_1.jpg
(C)DTM/EF3 Media

エントリーリストを見ると今年は18台。しかも10年型モデルが1台も出ていません。ドライバーの顔ぶれも、ここ数年ですっかり若返った印象。ミスターDTMのシュナイダーをはじめ、クリステンセン、アイエロ、ロイター、アプト(将軍様)、ビエラといったハコの名手たちが次々と引退してしまったのは寂しい限りです。一時期は、アレジ、フレンツェン、マクニッシュ、ハッキネンと元F1ドライバーも名を連ねるそうそうたる顔ぶれだったのですが・・・。

昨夜、ふと途中までしか観ていなかったDVD「DTM 熱狂の時代」を最初から観直してました。収録されているのは、俗に言う旧DTM時代。タイトル通り、最も華やかだった時代のレースです。

DTM 熱狂の時代 1988-1995 [DVD]DTM 熱狂の時代 1988-1995 [DVD]
(2008/09/30)
スポーツ

商品詳細を見る


これを観てると、もうアドレナリン出まくり!DTMはぶつけ上等の激しいスプリントレースが特徴なのですが、旧DTMは今以上にヤバイ。コーナーではインとかアウトとか関係なし。すごいやつになると、車を無理矢理ねじこんで、相手マシンにぶつけて曲がるみたいな・・・。各メーカーが威信をかけて投入する新技術も見物なのですが、やはりDTMの魅力はドッグファイト!このDVD観てると、現DTMのバトルでも物足りなくなってしまうほどです。

自分は2004年にフレンツェンのDTM移籍がきっかけで注目するようになったミーハー組ですが、DTMを観るとレースのおもしろさの原点に気付かせてくれます。古きDTMを知るドライバーはもはや居なくなってしまいましたが、ドライバーには闘争心むき出しの駆け引きと、少々やんちゃなドライビングを期待したいです。


*フレンツェンがDTMで走っている内に生で観られなかったのは本当に後悔しています・・・。


*追記(4月27日)
そういえば、DTM関連でいえばこんなニュースが!ぜひ実現してもらいたい!!

あとDTM開幕戦の動画とか。

テーマ:モータースポーツ - ジャンル:車・バイク

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://submatoncolor.blog61.fc2.com/tb.php/354-025e4564
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック