編集サヴマトンカラー
06« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»08
スポンサーサイト 
--/--/-- [--] --:--:-- » E d i t
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 *  TB: --  *  CM: --  * top △ 
2010/11/23 [Tue] 21:10:42 » E d i t
今さらだけど、F1日本GPでずっと書きたいと思っていた話。それはカメラマンシートについてです。

cameramasheet_suzuka1.jpg

今年から観客席で長さ20センチ(フードは除く)を超える望遠レンズによる撮影が禁止となりました。その代わり、新たにアマチュアカメラマン向けのカメラマンシートが設けられることになったのです。

僕もサーキットに足を運べば、必ず走行するマシンを撮影する写真好き。毎年、F1ではどこで撮影しようか座席に迷うところなのですが、今年は選択肢が一つしかないということで必然的にこのカメラマンシートを買うことにしました。お値段は55000円。昨年、自分が買ったB席(1~2コーナー)に比べれば安く済んだので個人的には無問題でしたが、ほかの人にはかなり高いと感じたみたいで、当日現地でお会いした方の中にも「迷った末に止めた」という声をよく聞きました。

さて、このカメラマンシートですが、実際に現地へ行ってみるとその「ウマさ」にびっくり!自分は、てっきりあちこち移動して撮影できるのは全席自由となる金曜オンリーかと思っていたのですが、カメラマンシートに関してはなんと週末通して移動が自由!そのため、一応指定席となっているD席には1度も着席しませんでしたw

おかげさまで、逆バンク、ヘアピン、S字と色々なアングルの写真を収めることができました。今までで一番シャッターを切った週末になったと思います。鈴鹿サーキット、ありがとう!

hurken_suzuka103.jpg

heikki_suzuka103.jpg

でも、ですよ。

正直今回のサービスは僕らに対してあまりにも過剰だったと思うんですよ。

普通にレースを見たいお客さんにとっては、僕らのような存在ははっきり言って邪魔です。隣でデカイレンズを振り回されてはたまったもんじゃありません。僕らも当然気を使うので、のびのびと撮影できません。その点、今回は棲み分けができて良かったと言えるでしょう。ただ、ヘアピン入り口の席をつぶして(カメラマンシートにして)しまったのはどうなんでしょう?あそこは鈴鹿で数少ないオーバーテイクポイントだし、マシンを正面から見られる貴重な席です。実際、決勝では可夢偉がこのヘアピンを舞台に幾度となくライバルたちをパッシングして見せました。例年なら仮設スタンドが設けられ、何人かの観客が間近でそのシーンを見られたはずだったのですが・・・。

もちろん、個人差はあるとは思います。「金を払ってるヤツとそうでないヤツとの差だ」なんて言う人がいるかもしれませんが、だったら僕らよりも高い席のチケットを持っている人があまりにも不憫です。僕自身、おいしい思いをさせてもらった一人として言える立場ではないですが、鈴鹿サーキットさんにはぜひその辺りのバランスを再考してもらって、来年の開催につなげてもらえたらなぁと思います(*カメラマンシート購入者を対象としたアンケートでも同様のことを書かせてもらいました)。

*余談

そういえば、過去2回の海外観戦を振り返ると、もしかしたら日本は世界で1番レースを撮影するアマチュアカメラマンが多い国なのかもしれません。ドイツもハンガリーも、カメラを持っている人は見ましたが、プロ並みの機材を持ち込んでいる人には出会ったりはしませんでした。ハンガリーで僕がニコンの80-400mmのレンズを付けていると、何人もの外国人に指を指されて注目の的になり、ちょっぴり恥ずかしい思いをした経験もあるぐらいですから。

そうなると、今年のこのカメラマンシートは世界初の試みだったのかもしれませんね・・・。


photo by yunick'10
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://submatoncolor.blog61.fc2.com/tb.php/402-e2fd1440
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。