編集サヴマトンカラー
01« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»03
2011/02/17 [Thu] 00:59:23 » E d i t
ぬかか!?ぬか(喜び)なのか!!?

クビサが自らの後継にリウッツィを推薦

nick_lotuspinchi1.jpg
motorsport.com

14日にはルノーがニックの起用を発表するというニュースが流れ、狂喜乱舞でお祝いのケーキまで買ってきたら、ちっとも発表しねぇでやんの・・・。え、ケーキ?そりゃ食いましたよ、腐るからね

それにしてもこの流れ、ニックファンの方はすでに身に覚えがあるような奇妙なデジャブ感を感じませんか?そう、前にもこんなことがあったのです。ニックファンならずとも、F1ファンならばご存知の方も多いかもしれませんが、あえてここでもう一度書かせてください。

2001年オフ・・・。この年限りで休止(実際は引退になりましたが)宣言をしたマクラーレン・メルセデスのミカ・ハッキネンに代わり、誰がマクラーレンのシートを獲得するかが話題になりました。筆頭候補は、ザウバーのニック・ハイドフェルト。彼はメルセデスの支援を受けた純粋培養メルセデスドライバー。今で言うと、ルイス・ハミルトンみたいな感じです。ニックのデビュー当時、マクラーレンはハッキネンとクルサードという不動のラインナップを形成していたため、ロン・デニスは友人であるアラン・プロストに頼み、プロストからニックをデビューさせました。もちろん、将来は自分のチームに引き抜くつもりで。

ところが2001年、ザウバーが連れてきた新人キミ・ライコネンがブレイクします。異例のステップアップでデビューを果たし、初戦でいきなり入賞。インパクト十分なフライングフィンです。

もちろん、ニックも負けていません。この年は自身初の3位表彰台を経験するなど、キミよりも多くポイントをかせいでコンストラクターズ4位に貢献。自身も翌年からのマクラーレン移籍を信じて疑いませんでした。

ところが、ここで余計な横槍が入ります。引退するハッキネンが、あろうことか自分の後継者にはライコネンがいいなどと口走りやがったのです。そして、マクラーレンはライコネンとザウバーとの契約を解除するための違約金を支払ってまで、それを実行してしまったのです。ちなみに、この違約金のおかげでできたのがザウバーの当時最新鋭の100%スケールの風洞です。ニックファンの間では、皮肉を込めて”ライコネン風洞”と呼ぶことにしています。僕だけですかそうですか。この風洞の存在が、その後のチームの将来を左右することになったのは周知の通りですよね・・・。そして、その後ニックがどのようなF1人生を歩んできたのかも・・・。

そんなわけで、今回のクビサの”リウッツィ発言”はファンにとって昔のトラウマを呼び起こすような大変不吉なニュースなのです。

ホント、頼むから迂闊な発言はやめてくれ・・・(心の叫び)。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://submatoncolor.blog61.fc2.com/tb.php/426-8eeb965d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック