編集サヴマトンカラー
08« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30.»10
2011/03/12 [Sat] 21:46:12 » E d i t
さて、地震で日本が大変な状況な中、今このタイミングでこの記事を上げるのは大変迷ったのですが、以前から書こうと思っていたことなのでアップすることにしました。

鈴鹿サーキットが契約延長、2012年のF1日本GP開催を発表

今年が3年契約の最後の年だった鈴鹿でしたが、無事来年も開催されることが決まったようです。これは素直に喜ばしいことなのですが・・・。この発表の仕方に僕は激しく違和感を覚えたのです。

僕に似た違和感を他の方も感じているみたいで。「エフワンのすくつ」を配信されているquzyさんも、ご自身のブログで「F1日本グランプリの延長が決まったことを素直に喜べばいいんだけど」と題し、考察されています。

僕も、quzyさんとはちょっと違った視点でこの違和感の原因について説明したいと思います。僕の場合、今回のニュースの記事を徹底的に解析することにしました。

suzuka_encho2012.jpg

違和感その1:「どこにも”締結”という言葉が使われていない」

今回、鈴鹿サーキット側から発表されたこのニュース。実際にリリース文を読んだわけではないので分かりませんが、オートスポーツの記事を読む限り、文中のどこにも「契約を結んだ」とか「締結した」との表現が使われていません。しかし、それに似た言葉が使われています。それが「合意」という表現です。

今回の契約では、鈴鹿サーキットを運営する株式会社モビリティランドとバーニー・エクレストンが代表を務めるFOWC(フォーミュラ・ワン・ワールド・チャンピオンシップ・リミテッド)との間で合意がなされ、2012年の開催が決まった。



ここが、メディア独特の表現なんですが、合意というのは「実際に契約書を取り交わしたわけではないけれど、おおむね一定の方向で意見が固まった」ときに使う言葉なんですね。もし、本当に決定しているのであれば、締結という言葉を必ず使うはずなんです。

ちなみに中国GPの開催延長の記事はこんな感じでした。

違和感その2:2013年以降について一切触れられていない

今回の発表では「2012年は開催しますよ」というだけで、それ以降については方針も含めて一切触れられていません。たとえ何も決まっていなくても、「今は全くの白紙です」とか「今後も継続の方向で交渉を進めていきたい」とか、そういったコメントがあってもいいんですが、それすらない。その辺りについては、あえて避けているようにさえ感じるのです。

違和感その3:FOWCからの声明がない

このニュースが発表されたときもそうでしたが、その後しばらく時間が経過した今でも、鈴鹿と契約を延長したことについてFOWC側から何のコメントもありません。個人的には、双方の声明を発表するのが普通だと思うのですが・・・。

以上、この3つの違和感を総合して自分なりに邪推をしてみると、以下の答えにたどり着きました。

”鈴鹿はまだFOWCとの交渉途中である”

suzuka_encho2012_0.jpg

2012年に鈴鹿で日本GPを開催することは、まず間違いないでしょう。だからこうして発表もしています。発表することについては、おそらくFOWCにも許可を得ているはずです。しかし、実際は「1年契約」を結んだわけではなく、「1年延長することについては合意に至ったけど、それ以降については依然として交渉を続けている段階」というのが今の現状なのかなと。だとするならば、現在も鈴鹿側が複数年契約を望んで交渉を進めていることと信じたいですが、逆に撤退に向けてFOWCとの調整を図っている、というセンも否定できません。鈴鹿が抜けるとなると、新しいGPを引っ張ってくる必要がありますから、最終決定に時間を要するというのもうなずけるからです。

では、なぜ鈴鹿はこのタイミングでこのような不完全な形で発表したのでしょう?これはおそらくですが、日本のモータースポーツ業界に対するファンの不安や危機感を払拭する狙いがあったのでは、と考えられます。

というのも、同じモビリティランドが運営するもてぎが先月、今年限りでインディ開催から撤退することを発表したばかりだからです。今年はラリージャパンが外れ、来年からはインディが消え・・・。鈴鹿は(というかモビリティランドは)そんな閉塞感を打開したかったのではないでしょうか。実際、僕自身も今年限りで日本GPがなくなるのでは?と危惧していたファンの一人ですから、そんな人たちに対して「F1は大丈夫だ、問題ない」といち早く言っておきたかったのではないでしょうか・・・。今もっとも恐れるのは、「撤退や中止が相次ぐことで、ファンの不安が不満へと変わり、ファンの方からレースから離れていってしまうこと」です。それだけは避けたい!という意志が働いたように、僕は妄想するのですが・・・。

もし本当にまだ交渉段階であるのならば、僕が願うことはただ一つ。1年でも長く日本でF1が開催されるよう、鈴鹿サーキットに頑張ってもらうことです!もちろん、ファンの一人としてできることを僕も頑張るつもりです!!( ^ω^ )


photo by yunick'10

テーマ:F1GP 2011 - ジャンル:車・バイク

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://submatoncolor.blog61.fc2.com/tb.php/429-7ab0d439
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック