編集サヴマトンカラー
09« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»11
2012/03/13 [Tue] 23:33:32 » E d i t
昨年ドイツに行ったワタシですが、今回は現地へ持って行った撮影機材を紹介したいと思います。

ただでさえ大荷物となる海外旅行・・・。できるだけ身の回りの物ぐらいはコンパクトにまとめたいところなのですが、国内のようにレースを撮影しようと思ったらそうはいきません。まずは機内に撮影機材をどう持ち込むか?持ち込める荷物には大きさや重さに制限がある上、その制限は航空会社によって違うので要注意です。バッグ選びは慎重に行う必要があるでしょう。

次に、持って行く機材を選定します。僕の場合はどうしても重たいサンニッパを持っていきたかった(っていうか望遠レンズはこれしかないw)ので、レース以外は高倍率ズームで対応することで、できるだけレンズ本数を減らしました。なお、ストロボも持って行きませんでした。

こうして、現地へ持っていったのが以下の機材です。

german11_satsueikizai.jpg

バッグ・・・FoxFire フォトレック30
カメラ・・・Nikon D2X(写真はD3X),D80
レンズ・・・AF-S Nikkor ED 300mm F2.8D(IF),TAMRON 18-270mm F/3.5-6.3 Di II VC PZD(Model B008),TOKINA AT-X 107DX FishEye(10-17mm F3.5-4.5),テレコンTC-14E II,TC-20E Ⅲ
アクセサリ・・・CF×4枚,Manfrotto 680B(一脚)

バッグはオークションで購入。サンニッパをはじめ、機材の収納に関しては余裕でした(雨用のカッパも入りました)。もちろん機内持ち込みもクリアー。ポケットがいっぱい多かったのも◎。ただ、カメラ以外のもの(例えば書類とか)は入れるスペースがなかったのが難点でした。

機材は、まずボディがD2XとD80の2台体制。サーキットでのレンズ交換の手間を省くためです。ドレスデンの観光では、軽量なD80が活躍してくれました。また、レンズはサンニッパのほかに、これまたドイツ用に買った高倍率ズームのタムロンB008を導入。ニコン純正の18-200mmよりも評判が良かったのですが、実際写りも高倍率の割にしっかりしていて、手振れ補正の効き具合もグッド!トキナーの魚眼レンズと合わせて、サーキット内外で大いに役立ちました。あとはテレコン2個。この辺は国内レースのときと変わらないですね。

german11_satsueikizai1.jpg

CFは出立前に16GB1枚を買い足して計36GBに。現地で撮りすぎてCF容量がいっぱいに・・・という事態だけは避けたいですからね。ちなみにマンフロットの一脚は、バッグ側面に取り付けられるようになっています。上の写真には入れ忘れましたが・・・w

すでに旅行記でも書きましたが、とにかくこのバッグをかついでのサーキットへの道のりがきつかったのなんのって・・・w何が重かったってサンニッパなんですけどね。まぁ、でもこのレンズがなかったらユーロスピードウェイ攻略はちょっとムリだったかな。

皆様、機材選びは計画的に・・・。写りも大事ですけど、重さも大事ですよ!(しみじみ)


photo by yunick'11
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://submatoncolor.blog61.fc2.com/tb.php/498-15523cd1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック