編集サヴマトンカラー
10« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30.»12
スポンサーサイト 
--/--/-- [--] --:--:-- » E d i t
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 *  TB: --  *  CM: --  * top △ 
2015/05/26 [Tue] 00:44:34 » E d i t
欧州サッカーリーグは、14-15シーズンが次々と終わっています。今季は自分にとってサッカー元年。昨年のブラジルW杯から始まり、1月以降はスカパーに加入したことで、プレミア、ブンデスをはじめ暇さえあれば雑食的にあらゆる試合を見ました。いやぁ、まさかここまでサッカーの楽しさにハマるとは・・・w自分でも驚きです。

さて、プレミアリーグは昨日全日程が終了。サンチェス加入が縁で応援していたアーセナルは3位に入り、CLストレートインを確保しました。特に年明け以降は絶好調で、一時期はチェルシーの背中を捉えるまで追い上げました。むしろ、マンCに2位の座を奪い返されたことを悔やむべきかもしれません。

alexis151.jpg
(C)Arsenal

けが人続出の前半を支えたのは、間違いなくサンチェス。スピードあるドリブルと正確なキック、攻守で献身的な動きを見せてプレミア1年目にして見事にフィットしました。

後半は、ケガから復帰したエジルジルーが本領発揮。でも、個人的に後半戦のMVPはコクランにあげたい。中盤での彼の守備がなければ、1月以降の追い上げはなかったと言っても過言ではないでしょう。レンタル先から急遽彼を呼び戻したヴェンゲル監督が「75億円の補強に値する」と絶賛した守備的MFは、来季も間違いなくチームの浮沈を左右する存在となりそうです。

また、コクランと並んでサプライズだったのが、ドビュッシーの負傷、チェンバースの不安定さの隙を突いて右SBレギュラーの座を射止めた19歳のベジェリン。チーム一の快速っぷりはSBとは思えない攻撃力を発揮。一方、守備ではまだまだ危なっかしい場面もあり、来季以降の成長に期待です。バルサ出身ということもあり、バルセロナがDアウヴェスの後釜に買い戻しを狙っているようですが・・・。

さて、まだFAカップが残っていますが、来季優勝するためにはやはりオフの補強が鍵。サッカーファン初心者&グーナールーキーな私があえて補強に注文をつけるなら、最優先は「センターバックとストライカー」。センターバックは冬にガブリエウを獲りましたが、彼とコシェルニー、メルテザッカーだけではやはり物足りない。日程過密なプレミアを戦うには、もう1枚は欲しいところです。

giroud151.jpg
(C)Arsenal

そして、ストライカー。ジルー、ウェルベック、ウォルコットと駒はそろっているように見えますが、3人ともケガが多いのとパフォーマンスが不安定なのが・・・。ヴェンゲル監督はウォルコットの残留を望んでいるようですが、個人的には思い切って彼を放出して、離脱が決定的なバルサのペドロ、レアルのベイルあたりの獲得に動くべきかと。メインストライカーのジルーは個人的に好きな選手ですが、もし彼がケガなくフルに戦えたとしてもプレミア制覇は難しかったのでは?特にオフ中にはコパ・アメリカが開催され、チリ代表のサンチェスが来季出遅れることを考えれば、確実に層を厚くしておきたいポイントだと思うのです。

まぁ、こうやって勝手にあれこれ補強のことを妄想するのも、サッカーの楽しみの一つなんでしょうね。とりあえず、今週末のFAカップで連覇し、良い形で今季を締めくくってほしいです。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://submatoncolor.blog61.fc2.com/tb.php/595-024e19ae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。