編集サヴマトンカラー
04« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»06
漏れたちの大和 
2008/10/14 [Tue] 01:51:59 » E d i t
ジャパンパワーin富士

fuji_toyota1.jpg
コースとの愛称が良くないマシンの影響で、14番手スタートとなった中嶋一貴。後方からの巻き返しに期待がかかっていたが、スタート直後にスピンしたクルサードのクラッシュに巻き込まれノーズ交換を強いられた。ここで彼の事実上レース終了。完走だけを果たし、ファンの声援に応えた。

fuji_nakajima1.jpg

ホンダの2台はそろって完走するが、やはり後方を走る羽目に。今季のマシンはひどい。性能、見た目両方で。もうカラーリングだけの「アースドリーム」はやめようよ。

fuji_honda1.jpg


fuji_timo1.jpg

さて、トヨタはフリー走行でティモ・グロックがトップタイムを刻むなど、好調ぶりを地元でアピール。予選でも7、8番手に入り、レースに向けて気合入りまくりだったわけだが、その好調ぶりは決勝レースまでは維持できなかった。グロックはリタイア。トゥルーリだけがスタートの混乱を抜け出して5位に入り、何とかホームグランプリを飾った。

fuji_trulli1.jpg

現地に行って感じる違和感。昨年のように天候が悪いということもないし、レースも波乱あり、オーバーテイクありと見ごたえもあったはず。それでもスタンドには盛り上がりが欠けたような気がする。それは、富士に来て改めて感じたスーパーアグリがいないという寂しさ。

22分の「2」の消失は、あまりにも大きい。


photo by yunick'08

テーマ:F1GP 2008 - ジャンル:車・バイク

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://submatoncolor.blog61.fc2.com/tb.php/90-89ddf252
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック